python 記事まとめ

【python】オフィス3つの操作方法【→業務効率UP】

how to control 3 office software by python
プログラム女子
プログラム女子

pythonでのオフィスの扱い方はどんな違いがあるのかな?

オーケー。じゃあ今回は、それぞれのオフィスの操作方法の違いが分かるように、それぞれの記事を並べて説明してみるね。

Tommy
Tommy

pythonでオフィス3つの操作方法の概要

summary of controlling 3 office software

pythonのプログラミング方法の記事の中から、普段の業務で使える、office(パワーポイント、エクセル、ワード)のpythonのプログラムによる操作方法を示した記事をまとめてみました。

officeそれぞれで、異なる操作方法があるので、下記の記事を参考にご自身のプログラムを作成してみてください。

オフィス操作1:Powerpoint(パワーポイント)

article of controlling powerpoint

初めは、Powerpoint(パワーポイント)です。

こちらの記事では、pythonのプログラムを使ったPowerpointファイルの作成と、Powerpointファイルからのデータ読み取る方法を説明します。

プレゼン資料などで使われるPowerpointですが、Powerpoint資料を別のファイル形式にまとめたい場合や、プレゼンのスクリプト作成など、文字列を読み取ってテキストマイニングしたい場合には、パワーポイントをプログラムによって操作すると、業務を自動化することができます。

【python】Powerpoint(パワーポイント)を操作する【→業務効率UP】

オフィス操作2:Excel(エクセル)

article of controlling excel

次に、Excel(エクセル)です。

この記事では、pythonのプログラムでの、Excelファイルの作成と、Excelファイルからのデータ読み取る方法を説明しています。

オフィス環境では、データの集計やまとめにはExcel形式のファイルでやり取りされることが多くあります。

また、社内環境では、まだまだExcel使用者が根強く残っているような環境で、業務を自動化するような「システム」を作った場合、その「システム」のアウトプットとしてのExcelを扱う為には、プログラムによってExcelファイルを操作できる必要があります。

【python】excelを操作する【→業務効率UP】

オフィス操作3:Word(ワード)

article of controlling word

最後は、Word(ワード)です。

この記事では、pythonのプログラムを使ったWord(ワード)ファイルの作成方法と、Wordファイルに書かれている文字列を読み取る方法を説明します。

これによって、業務の中でWordを作成する機会があった場合に、あるデータに基づいて自動的にWordファイルを作成することができます。

また、wordファイルに書かれている文字列を読み取って、大量のwordファイルに頻繁に出てくる文字列を調べるなどの、テキストマイニングをすることができます。

【python】ワードを編集する【→業務効率UP】

-python, 記事まとめ
-,

Copyright© Tommy's blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.