python

【python】プログレスバーを表示する【→プログラム初心者向け】

how to display progress bar on python
プログラム女子
プログラム女子

処理の時間が長い時に「今は処理中」って知らせる方法はあるかな。。

プログレスバーを表示すればユーザーに「今処理中」を知らせることができるよ。
今回はプログレスバーを表示する方法を説明するね。

Tommy
Tommy

Pythonでプログレスバーを表示する概要

summary of displaying progress bar

長い時間がかかるような処理では、どの程度まで処理が進んだかわからないことがあります。

もし、何かの原因で処理が止まっていると、時間がかかっているだけなのか、途中で処理が止まっているのかを把握することは難しくなります。

そこで、プログレスバーを端末に表示して処理の進捗を確認することができれば、とても便利です。

プログレスバーで進捗状況をわかるようにする方法を説明します。

Pythonでプログレスバーを表示する前提の環境

environment of displaying progress bar

プログレスバーを使う前提の環境は、下の記事で説明している私の環境と同じ環境で確認しています。

【python】バージョン確認の方法【→プログラミング初心者向け】

また、レンタルサーバなどのLinuxサーバを使っている場合は、下の記事でプログラミングする環境の作り方を説明しています。

もし、まだプログラムする環境ができていない方は、先にこちらの記事を読んで、プログラミングできる環境をつくることをおすすめします。

レンタルサーバでプログラミングする方法【→レンタルサーバでできる!】

Pythonでプログレスバーを表示するサンプルプログラム

sample program of displaying progress bar

ここではプログレスバーの表示をfor文の例を参考に示し、どのようにプログレスバーを表示するのか、プログレスバー表示に関するオプションをサンプルプログラムで説明します。

ライブラリのインポート

今回のプログレスバー表示には、progressbarというライブラリを使用します。なので、progressbarというライブラリをインポートしています。

また、詳細な進捗状況を表示する為に、progressbarのライブラリの中のPercentage、Bar、 Counter、 DataSizeというサブライブラリを使用しました。 For文で進捗状況の例を示すのですが、少し時間をかせぐためにtimeのライブラリを使用しました。

from progressbar import progressbar
from progressbar import Percentage, Bar, Counter, DataSize

import time

プログレスバーを表示する実装

if __name__ == '__main__':

	mlist = list(range(100))

	widgets=['Test Progress:',Percentage(),'(',Counter(),' of ',str(len(mlist))+')',Bar(),]

	for i in progressbar(mlist,widgets=widgets):
		time.sleep(0.1)

プログレスバーのウィジェット

ウィジェット(widgets)では、色々な進捗状況の表示形式を指定することができます。

ウィジェットの詳細は下記のサイトを参照ください。

Welcome to Progress Bar’s documentation! — Progress Bar 3.46.1 documentation

pythonのその他「初心者向け」技術

other technique for python beginner

その他のpythonプログラムの「基礎知識」を下記の記事にまとめています。

どれもpythonの文法というべき、基本的なものばかりで、これから「pythonでプログラムを学びたい」という人は、「知っておいて方がよいもの」ばかりです。

私は、「プログラム」は「動いて」こそ価値ががあると考えています。 もともと、「プログラムを学ぶ」というのは、「自分が意図した動作をプログラムにさせるようになる」ということだと思います。 つまり、プログラムを自分の意図通りに動かして、初めて「学べた」と言えるということです。

しかし、実際に手で書いて動かしてみないと「学べない」ことがあります。 頭で理解したと思っても、いざプログラムを書こうとおもっても思い通りにいかない場合があるからです。 それには、プログラムを書く環境の問題だったり、pythonのバージョンが違ったり、ライブラリのバージョンが違ったり、いろいろな事情があります。

「頭で理解する」ことと「実際に動かす」ということは違うのです。 だから、プログラムを学ぶ時には実際にプログラムを書いて「動かしてみる」ことを強くおすすめします。

それぞれの記事には、実行可能なサンプルプログラムを掲載しています。 記事を読んで、実際に自分で書いてみてプログラムの動作をご自身で確認することができます。 是非、下記の記事を読んで、「知識」としてだけではなく、「手」でpythonを覚えていってください。

【python】初心者向けおすすめ記事まとめ【pythonの文法をマスターする!】

-python
-, ,

Copyright© Tommy's blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.