英語

【英語】「と同じ」と「と違う」の言い方【→会話で使える】

how to say same and difference in English

英語で「と同じ」と「と違う」の概要

summary of same and difference

この記事では、「と同じ」と「と違う」の言い方のついて、説明します。

主語と同じものを比較して言う時には下記のような形になります。

主語 + be動詞 + the same as + (同じと思うもの)

一方、主語と違うものを比較して言う時には下記のような形になります。

主語 + be動詞 + different from + (違うと思うもの)

英語で「と同じ」と「と違う」の例文

example sentences of same and difference

Are your shoes the same as my shoes? No, my shoes aren't the same as your shoes; they're different from your shoes.

訳)あなたの靴は私の靴と同じですか? いいえ、私の靴はあなたの靴と同じではありません。それらはあなたの靴と違います。

Are your eyes the same clolour as my eyes? No, my eyes aren't the same colour as your eyes; they're different from your your eyes.

訳)あなたの目は私の目と同じ色ですか?いいえ、私の目はあなたの目と同じ色ではありません。それらはあなたの目と違う色です。

「英語を学ぶ」に対する意見

opinion of how to learn English

私は、英文法の事項は、一度日本語で理解した方が良いと考えています。

他の意見には、英文法は「英語」の文法なのだから、「英語で学ぶ」のがよいという意見もあります。

しかし、よく考えてみれば、私達は英語を理解する為に英文法を学んでいるのに、文法事項が英語で書かれていて理解できないと、本末転倒だと考えるからです。

詳しい理由は、下の記事で説明していますので、こちらの記事も合わせて読んでください。

【カランメソッド】効果を最大限にする方法【→内容が理解できないと意味がない】

-英語
-, ,

Copyright© Tommy's blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.