英語

【英語】whileとwhilstとwhereasの違い【→意外と知られていない】

11月 20, 2019

usage of words of while whilst whereas

whileとwhilstとwhereasの使い分けの概要

summary how to use words of while whilst whereas

この記事では、whileとwhilstとwhereasの3つの単語の使い分けについて、英語とそれに対応する日本語で説明します。

結論から言うと、これら3つの単語は、「一方で」という接続詞として同じ意味で使われます。

2つの事柄があって、これら2つの事柄を対比的に説明する場合、1つを説明した後、「一方他方では」といって説明することがありますよね?

この時に、whileとwhilstとwhereasを使います。

私は、英文法の事項を日本語で一度理解した方が良いと考えています。詳しい理由は、下記の記事で説明していますので、先にこちらを読んでから戻ってきてください。

オススメ
how to maximize profit of callan method
【カランメソッド】効果を最大限にする方法【→内容が理解できないと意味がない】

続きを見る

whileとwhilstとwhereasの使い分けの説明

explanation how to use words of while whilst whereas

"whereas"の代わりに私達は他の何の言葉を使いますか?私達は"whereas"の代わりに"while"と"whilst"を使います。

Which word do we use the most when we speak? We generally use "whereas" the most when we speak.

訳)どれが私達が話す時もっとも使う言葉ですか?私達は話す時whereasをもっとも使います。

whileとwhilstとwhereasの使い分けの例文

example sentences how to use words of while whilst whereas

The difference between the words "ever" and "never" is that the word "ever" is positive, and is generally used in questions, whilst the word "never" is negative.

訳)everとneverの違いは、everは肯定的で一般には疑問文で使われます。一方neverは否定的です。

During the day it's light, whilst during the night it's dark.

訳)日中は明るく、一方夜は暗い。

-英語
-

© 2020 Tommy's blog Powered by AFFINGER5