python

【python】ファイル読み込み・ファイル書き込みの方法【→プログラム初心者向け】

how to read and write file python
プログラム女子
プログラム女子

テキストファイルを読み込んだ文字を表示すると、無駄に改行されるんですが。。。

それは、「抽出した文字列の改行」と「表示するときの関数の改行」が同時の効いているからだよ。
今回は、テキストファイルの読み込みと書き込みを基本的なところから見ていこう。

Tommy
Tommy

pythonでファイル読み込み・ファイル書き込みの方法の概要

summary of how to read and write file

この記事では、テキストファイルへの書き込み方法と、読み込み方法について、pythonで文字列を扱う方法を、サンプルプログラムを解説しながら説明します。

読み込みでは、テキストファイルを1行ずつ読み込む方法を使い、その時の「改行」における注意点を説明します。

ファイル読み込み・ファイル書き込みのpythonの環境

environment of how to read and write file

pythonでファイルの読み書き方法の前提の環境は、下の記事で説明している私の環境と同じ環境で確認しています。

【python】バージョン確認の方法【→プログラミング初心者向け】

レンタルサーバなどのlinuxサーバを使っている場合は、下の記事でプログラミングする環境の作り方を説明しています。

もし、まだプログラムする環境ができていない方は、先にこちらの記事を読んで、プログラミングできる環境をつくることをおすすめします。

レンタルサーバでプログラミングする方法【→レンタルサーバでできる!】

ファイル読み込み・ファイル書き込みのサンプルプログラム

sample program about how to read and write file

実際にtest.txtというテキストファイルに文字列を書き込む方法と、pythonプログラム内へ読み込むサンプルプログラムを記載します。

ファイルの書き込み

ファイルの書き込みでは、test.txtというテキストファイルを書き込みモードでオープンして、その後、 test1\ntest2\ntest3\n という文字列を書き込んでいます。

\n は改行を表します。openによって得られたファイルオブジェクトは最後にはcloseしましょう。

def write_file():

	# 出力ファイルを生成する/オープンする
	file = open('test.txt', 'w')

	# ファイルへの書き込み
	write_contents = 'test1\ntest2\ntest3\n'

	# ファイルへの書き込み
	file.writelines(write_contents)

	# Close file
	file.close()

ファイルの読み込み

次は、上記で、作成したtest.txtから文字列をpythonプログラム内に読み込むサンプルプログラムです。

openによって取得したファイルオブジェクトに対して、readlineを呼ぶことによって、1行ずつの文字列がファイル行数文入ったリストlinesを得ることができます。

最後にlinesを1つずつ繰り返し表示することで、linesの中身を表示しています。

def read_file():

	# ファイルオープン
    with open('test.txt','r') as file:
		lines = file.readlines()

	# 1行ずつ読みだす
    for line in lines:
		print(line)

mainでの処理

ここでは、Mainの処理を定義します。さきほど定義した2つのメソッドwrite_file()とread_file()を呼び出しています。

if __name__ == '__main__':

	write_file()
	read_file()

結果

test1\ntest2\ntest3\n を表示した結果になります。

1行目はtest1\nのPrint文の表示になりますが、print文自体に改行することになるので、2回改行されたような結果になっています。

$ python test.py
test1

test2

test3

pythonのその他「初心者向け」技術

other technique for python beginner

その他のpythonプログラムの「基礎知識」を下記の記事にまとめています。

どれもpythonの文法というべき、基本的なものばかりで、これから「pythonでプログラムを学びたい」という人は、「知っておいて方がよいもの」ばかりです。

私は、「プログラム」は「動いて」こそ価値ががあると考えています。 もともと、「プログラムを学ぶ」というのは、「自分が意図した動作をプログラムにさせるようになる」ということだと思います。 つまり、プログラムを自分の意図通りに動かして、初めて「学べた」と言えるということです。

しかし、実際に手で書いて動かしてみないと「学べない」ことがあります。 頭で理解したと思っても、いざプログラムを書こうとおもっても思い通りにいかない場合があるからです。 それには、プログラムを書く環境の問題だったり、pythonのバージョンが違ったり、ライブラリのバージョンが違ったり、いろいろな事情があります。

「頭で理解する」ことと「実際に動かす」ということは違うのです。 だから、プログラムを学ぶ時には実際にプログラムを書いて「動かしてみる」ことを強くおすすめします。

それぞれの記事には、実行可能なサンプルプログラムを掲載しています。 記事を読んで、実際に自分で書いてみてプログラムの動作をご自身で確認することができます。 是非、下記の記事を読んで、「知識」としてだけではなく、「手」でpythonを覚えていってください。

【python】初心者向けおすすめ記事まとめ【pythonの文法をマスターする!】

-python
-,

Copyright© Tommy's blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.