linux

【linux】ファイル操作とディレクトリ構成【→初心者向け】

2月 20, 2020

how to operate file on linux
プログラム女子
レンタルサーバーを借りたんだけど、サーバーってどうやって操作するのかな…
多くのレンタルサーバーはLinuxというOS(オペレーティングシステム)で作られているんだけど、ここでは、基本的な操作方法と、ファイル構成について説明するね。
Tommy

linuxのファイル操作とディレクトリ構成の概要

summary of file operation and directory structure

この記事では、Linuxのファイル操作とディレクトリ構成について説明します。

「ファイル操作の基本コマンド」とその使い方、「ファイルやサブディレクトリを確認する方法、Linuxで決められたディレクトリ構成などを紹介します。

linuxのファイル操作の基本コマンド

basic command of file operation

多くのレンタルサーバはlinuxというOSで動いています。

このlinuxの基本になる操作は、ターミナルでのファイル操作です。

linuxを巧みに扱う為には、ファイル操作を知る必要があります。
この記事では、ファイル操作の基本コマンドを説明します。

下の表はlinuxでよく使う基本コマンドです。

コマンド意味
cdカレントディレクトリを移動。
pwdカレントディレクトリを絶対パス名で表示。
lsディレクトリのファイル一覧を表示。
mkdir新しいディレクトリを作成。
cpファイルをコピー。
mvファイルやディレクトリを移動。
rm指定したファイルを削除。
lnシンボリックリンクまたはハードリンクを作成。
cat1つまたは複数のファイルを読み、標準出力に表示。
echo引数に与えられてた文字列を表示。

レンタルサーバで、これらのコマンドをターミナルで使うためには、少々準備が必要です。この準備の方法については下記の記事で説明しているので、合わせて読んでください。

オススメ
how to programming on rental server
レンタルサーバでプログラミングする方法【→ブログのサーバでできる!】

続きを見る

linuxのファイル操作コマンドの使い方の例

example of usage of file operation

ここでは、ディレクトリを作成し、その中にテキストファイルを作成し、削除するという一連の流れを例に、順番に説明します。

1. tmpディレクトリに移動

「/tmp」というディレクトリに移動します。

「/」というのはルートディレクトリのことで、「tmp」という名前のディレクトリがルートディレクトリの下にあるので、「/tmp」と入力します。

「ルートディレクトリ」について詳しい解説は、下記の記事で説明していますので、こちらを読んでください。

オススメ
how to directory and its moving on linux
【linux】ディレクトリと移動の方法【→linux初心者向け】

続きを見る

$ cd /tmp

2. 現在の位置を確認

移動できたかどうか、「pwd」というコマンドを使って確認します。
「/tmp」と表示されているので、現在のディレクトリが「/tmp」であることが確認できました。

$ pwd
/tmp

3. ファイルやサブディレクトリを確認

「ls」コマンドで、現在のディレクトリにあるファイルやサブディレクトリを確認します。

$ ls
mysql.sock

4. ディレクトリ作成

現在のディレクトリに、「tommy」という名前の新しいサブディレクトリを作成します。

$ mkdir tommy

5. 結果を確認

「ls」コマンドで、「tommy」というサブディレクトリができているか確認します。

$ ls
mysql.sock  tommy

6. ディレクトリ「tommy」に移動

「cd」コマンドによって、先程作った「tommy」ディレクトリに移動します。そこ後、移動できたかどうか確認するために、「pwd」コマンドで現在のディレクトリを確認します。

$ cd tommy
$ pwd
/tmp/tommy

7. ファイルの作成

「vi」というコマンドを使って、「test.txt」というテキストファイルを作成します。「vi」はlinuxに標準搭載されるテキストエディタです。

ここでは、本題からずれるので、「vi」について詳しく解説しません。

$ vi test.txt

「i」を押して、挿入モードにして、書き込みたい文字列を打ちます。

今回は、「ABCD」にしました。

vi operation insert

「Esc」をおして、挿入モードからコマンドモードに戻します。
つづいて、「:」を押すと、左下にコマンドを打ち込める欄が表示されるので、「wq」と打ち込み、「Enter」を押すと、保存し、viが終了します。

vi operation save

8. 作成ファイルの確認

先程作ったファイルができているか、「ls」コマンドで確認します。

$ ls
test.txt

9. ファイルのコピー

「test.txt」から「test2.txt」という名前でコピーを作成します。

$ cp test.txt test2.txt
$ ls
test.txt  test2.txt

10. ファイルの移動

「mv」というコマンドで、先程作成した「test2.txt」を移動します。移動先は1つ上のディレクトリにします。1つ上のディレクトリは「../」と書きます。

$ mv test2.txt ../
$ ls
test.txt

11. ディレクトリの移動

実際に1つ上のディレクトリに移動して、ファイルがあるかどうか、確認します。

$ cd ../
$ ls
mysql.sock  test2.txt  tommy

12. ファイルの削除

続いて、「rm」コマンドを使って、「test2.txt」を削除してみます。削除できたかどうか確かめるために、「ls」コマンドを打つと、「test2.txt」が消えていることが分かります。

$ rm test2.txt
$ ls
mysql.sock  tommy

linuxのディレクトリ構成

directory structure on linux

ターミナルで作業をしていると、ディレクトリにある決まったルールがあることに気づきます。

linuxでは、FHS(Filesystem Hierarchy Standard)という規定で定められたディレクトリ構成があります。

下の方が主なディレクトリ構成の説明です。

ディレクトリ説明
/ルートディレクトリ。ファイルシステムの第一階層。
/binシングルユーザーモードで必要となる基本コマンド。
/devデバイスファイル。
/etcシステム動作や設定に関わるファイル。
/home一般ユーザーのホームディレクトリ。
/libコマンドに必要なライブラリ。
/mntファイルシステムの一時マウントに用いる。
/rootrootのホームディレクトリ。
/sbinシステム管理系コマンド。
/tmp一時ファイル置き場。
/usr大部分のアプリケーションを格納。配下は読み取り専用で運用できる。
/varシステム動作時に内容が変わるファイル群。動作ログなど。

-linux
-

© 2020 Tommy's blog Powered by AFFINGER5