ツール

プログラマー向けメモ帳「Boostnote」の使い方【→控え目に言って最高!】

how to use Boostnote which is notepad for programmer
プログラム学生
プログラムをメモしておきたい時って、どんなメモ帳を使ってますか?
プログラマー向けに作られた「Boostnote」というメモ帳があるので、それを紹介するね。
Tommy

プログラマー向けメモ帳「Boostnote」の概要

summary of how to use Boostnote notepad for programmer

この記事では、プログラマー向けメモ帳「Boostnote」の使い方を説明します。

Boostnoteはプログラマのためのメモ帳です。 ただのメモ帳ではなく、プログラマに適したさまざまな機能があるので、この機能を説明します。

プログラマー向けメモ帳「Boostnote」のダウンロード

Boostnoteの公式サイトよりダウンロードすることができます。

プログラマー向けメモ帳「Boostnote」の機能と使い方

feature and usage of Boostnote notepad for programmer

「Boostnote」には下記のような機能があります。

  1. メモをフォルダ管理
  2. markdownが使用可能
  3. フローチャート・シーケンス図が書ける
  4. Latexが使用可能
  5. マルチプラットフォームに対応

メモをフォルダ管理

トピック毎にメモを分けて保存することができます。 書いたメモはPDFやテキスト、HTML形式のファイルでエクスポートが可能です。また、DropBoxなどのクラウドストレージのクライアントツールを使って、Boostnoteのアプリケーションからクラウドストレージ側のファイルを参照できる場合は、複数のユーザーやPCから同じメモファイルを参照することで、複数のユーザー、PC間でファイルを共有することができます。

Markdownが使用可能

Markdown形式の書き方が使用可能です。

Markdownについての詳細は下記を参照ください。 MarkdownのWiki

下記でもMarkdownの書き方を説明してくれています。 GitHubのチートシートページ

Markdownでソースコードを書く

例えば、ソースコードメモする時、 3つの「`」でソースコードを囲うと、ソースコードであることが分かる見た目になります。

C言語の場合は下記のように、 3つの「`」の後に「C」と書きます。

C hello world

上のように書くと、下のように表示されます。

printf("Hello world");

Pythonの場合は、3つの「`」の後に「python」と書きます。

python hello world

上のように書くと、下のように表示されます。

print("Hello world")

フローチャート・シーケンス図が書ける

フローチャート

下記のような記述でフローチャートを描くことができます。 ※最後の行の```はブログ記載の都合で省略しています。個人で書かれる場合は追加してください。

```flowchart
st=>start: Start:
e=>end
op1=>operation: Operation1
sub1=>subroutine: Subroutine
cond=>condition: Yes or No
io=>inputoutput: catch something...
st->op1->cond
cond(yes)->io->e
cond(no)->sub1(right)->op1

上記で描けるフローチャートは下図のようになります。

flow_chart

シーケンス図

下記のような記述でシーケンス図を描くことができます。 ※最後の行の```はブログ記載の都合で省略しています。個人で書かれる場合は追加してください。

```sequence
Title: sequence title
A->B: Call B
B-->C: Call C
C->>D: Call D
D-->>C: return
C-->>B: return
B-->>A: return

上記で描けるシーケンス図は下図のようになります。

flow_chart

LaTeXが使用可能

LaTeXが使用可能で数学の演算の記号を扱うことができます。

LaTeXについての詳細は下記を参照ください。 LaTeXのWiki

マルチプラットフォームに対応

BoostnoteはElectronというHithubが開発したフレームワークで作られています。Electronは、特定のOSに依存した技術ではなく、HTML、CSS、JavaScriptと言ったWebの技術で作られている為、Windows、Mac、Linuxなどのマルチプラットフォームで動作します。

Electronについての詳細は下記を参照ください。 Electronの公式ウェブサイト

-ツール
-,

Copyright© Tommy's blog , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.